訴訟は専門家に相談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

キーボード条件が満たされているB型肝炎ウィルス感染者に対しては国から給付金が支払われるわけですが、そのためには訴訟が必要になってきます。病気にかかっていることがわかれば自動的に役所から支払われるというものでは無いわけです。さらに当初B型肝炎の給付金請求に関しては平成29年1月12日までが期限とされていました。しかし推計される被害者の数よりも提訴者の数がかなり少なかったため、この請求期限がさらに延長される運びとなりました。現在では請求期限が平成34年1月12日とされており、5年間延長されたことになります。

この措置からもわかるようにB型肝炎ウィルスの給付金請求に関していっそうの周知を図る必要があるのです。それで今現在B型肝炎ウィルスで自分自身が悩んでいたり、自分の親しい人がこの病気にかかったりしたことがわかったなら、給付金を受給する対象者になるかどうかをまずは確認するようにしましょう。現在ではインターネットがありますのでB型肝炎ウィルスの感染や、給付金の自給の仕方など簡単に調べることができますが、やはりこうした専門的な事は自分の知識を持っている専門家に相談するのが得策だと言えるでしょう。B型肝炎訴訟を数多く手がけている弁護士事務所などに相談を持ちかけるようにしましょう。

参考相談所…B型肝炎訴訟

B型肝炎の恐さ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

子供幼少期の集団予防接種の際などにB型肝炎ウィルスに感染した方はある一定の期間内に限られるわけですが、現在でも毎年1万人ほどの新規の感染者がいると言われています。なぜならこのB型肝炎ウィルスはそのウィルスの含まれる血液や体液が体内に入ることによって感染します。B型肝炎ウィルスに感染している親から生まれた子供もこのウィルスに感染してしまっているケースがありますし、さらには性交渉などによってこのB型肝炎ウィルスが感染してしまうということもあるのです。

稀なことではありますが性交渉等がなくても集団生活の中で感染が起きることもあるので、誰でもこの難しい病気になってしまう可能性があると言うことです。B型肝炎ウィルスに感染すると必ず一生の間この病気に悩まされるというわけではありません。一過性感染の場合は症状が治まった後は基本的にウィルスが体から排除されており、B型肝炎ウィルスに対する免疫を体が獲得することになります。割合として少ないですが一過性のB型肝炎ウィルスの症状でも劇症肝炎を発症してしまう方もいて、重大な肝不全や意識障害をきたしてしまう可能性もあるのです。このような重度の症状が現れると死亡に至る可能性も高いのでやはり非常に危険な病気だということがわかります。

給付金がもらえる病気

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お金B型肝炎ウィルスに感染していることが分かったと知人や親戚などからきかされたことがあるかもしれません。なんとなく大変そうな病気だと思っていても詳しくどんな病気なのかわかっていない人は少なくありません。しかし自分自身が青天の霹靂でB型肝炎ウィルスに感染していることが発覚するケースもありますし、家族や大切な友人など近しい人がこの病気にかかっていることが新たにわかることもあるでしょう。実はB型肝炎ウィルスに感染している人はこの日本で約130万人から150万人もいると言われています。大体100人に1人がこの病気に感染しているという計算になります。

ですから私たちの親しい人の中にこの病気に感染している人がいるとしても驚くことではないということです。では具体的にこのウィルスがどのように体に影響を及ぼすかと言うと、B型肝炎ウィルスは肝臓に感染して炎症を起こしてしまうのです。この肝炎の炎症が持続してしまうとゆくゆくは肝硬変、さらには肝癌へと進んでしまう可能性もあるのです。まだ十分に国民に知識が行き渡っていない可能性がありますが、このB型肝炎ウィルスに感染している人の中には国から給付金を受け取る権利がある人もいます。すべてのB型肝炎ウィルス感染者が給付金をもらえるというわけではありませんが、幼少期の集団予防接種などの際に不適切な注射器の連続使用によりB型肝炎ウィルスに感染した方に対しては、国から給付金が支払われるのです