司法試験を突破して弁護士になるには

医師9

人間の様々なトラブル解決の為、日々凡走している弁護士ですが、弁護士という職業に就く事はとても容易ではありません。

それでも弁護士になりたいと思う人はきっと人の為に力になりたいと言う大きな志があるからではないでしょうか、その弁護士になる為にはレベルの高い大学を卒業していないと弁護士になれないと思っている人も多いかもしれませんが、実際には学歴は不問です。

レベルの高い大学を出ていないと弁護士になれないと連想されるのは、司法試験そのものが難関だからではないでしょうか。司法試験そのものは確かに難関ではありますが、司法試験を受ける課程もまた難問続きで、受験資格が法科大学院を卒業するか、司法試験の予備試験に合格する事で受験資格が得られます。

つまり学歴がなくても予備試験さえ合格していれば司法試験を受けれるという事です。

そして司法試験に合格をしたら、今度は司法修習が待ち受けています。司法修習生として司法のイロハを学び、それを修了した後にはれて弁護士としての第一歩が踏み出せると言う訳です。

(相談しやすい身近な弁護士)