訴訟は専門家に相談

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

キーボード条件が満たされているB型肝炎ウィルス感染者に対しては国から給付金が支払われるわけですが、そのためには訴訟が必要になってきます。病気にかかっていることがわかれば自動的に役所から支払われるというものでは無いわけです。さらに当初B型肝炎の給付金請求に関しては平成29年1月12日までが期限とされていました。しかし推計される被害者の数よりも提訴者の数がかなり少なかったため、この請求期限がさらに延長される運びとなりました。現在では請求期限が平成34年1月12日とされており、5年間延長されたことになります。

この措置からもわかるようにB型肝炎ウィルスの給付金請求に関していっそうの周知を図る必要があるのです。それで今現在B型肝炎ウィルスで自分自身が悩んでいたり、自分の親しい人がこの病気にかかったりしたことがわかったなら、給付金を受給する対象者になるかどうかをまずは確認するようにしましょう。現在ではインターネットがありますのでB型肝炎ウィルスの感染や、給付金の自給の仕方など簡単に調べることができますが、やはりこうした専門的な事は自分の知識を持っている専門家に相談するのが得策だと言えるでしょう。B型肝炎訴訟を数多く手がけている弁護士事務所などに相談を持ちかけるようにしましょう。

参考相談所…B型肝炎訴訟