給付金がもらえる病気

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お金B型肝炎ウィルスに感染していることが分かったと知人や親戚などからきかされたことがあるかもしれません。なんとなく大変そうな病気だと思っていても詳しくどんな病気なのかわかっていない人は少なくありません。しかし自分自身が青天の霹靂でB型肝炎ウィルスに感染していることが発覚するケースもありますし、家族や大切な友人など近しい人がこの病気にかかっていることが新たにわかることもあるでしょう。実はB型肝炎ウィルスに感染している人はこの日本で約130万人から150万人もいると言われています。大体100人に1人がこの病気に感染しているという計算になります。

ですから私たちの親しい人の中にこの病気に感染している人がいるとしても驚くことではないということです。では具体的にこのウィルスがどのように体に影響を及ぼすかと言うと、B型肝炎ウィルスは肝臓に感染して炎症を起こしてしまうのです。この肝炎の炎症が持続してしまうとゆくゆくは肝硬変、さらには肝癌へと進んでしまう可能性もあるのです。まだ十分に国民に知識が行き渡っていない可能性がありますが、このB型肝炎ウィルスに感染している人の中には国から給付金を受け取る権利がある人もいます。すべてのB型肝炎ウィルス感染者が給付金をもらえるというわけではありませんが、幼少期の集団予防接種などの際に不適切な注射器の連続使用によりB型肝炎ウィルスに感染した方に対しては、国から給付金が支払われるのです